解体工事の流れ

■解体工事前
・残置物の撤去
残置物の撤去とは
家に残っている家財道具や遺品を整理したり、不要な物を処分すること。

※家財道具の処分については、
布団や衣類、不燃ごみなどは一般廃棄物になるため、解体業者が処理をする事ができなものもございますので
家財道具などの残置物はご自身で処分することをおすすめします。ご自身で処分される方が安く済む場合もございます。

・解体業者の選定

・ライフラインを止める
解体工事を始める前には、必ず電気・ガスのライフラインを止める必要があります。

ただし、水道だけは停止しないでください。
なぜなら、解体工事中は粉塵、埃などが舞うのを防ぐために水を撒きながら作業するからです。

・近隣挨拶回り
解体工事が始まると、騒音や粉塵などにより近隣住民に迷惑をかける場合がありますので
事前の挨拶回りは大切です。

当社では、解体工事前には騒音や振動、粉塵の発生について、事前に近隣住民の方へのご挨拶
ご説明をしっかりおこなっております。

■解体工事中
・解体工事
・整地

■解体工事後
・滅失登記
解体工事1ヶ月以内に、滅失登記という手続きを行う必要があります。
※滅失登記とは、建物がなくなったことを申請して、登記簿を書き換える手続きです。

以上が解体工事の流れになります。

京都市で解体工事・建物解体・切り離し解体のことならスタッドへ!

ご依頼の流れ>>
お問い合わせからご依頼、お引渡しまでの流れをご説明しています。

業務内容>>
株式会社スタッドが主に対応している業務をご紹介しています。

ブログ>>
お知らせや、当社が担当した過去の工事を写真つきでご紹介しております。

【電話番号】075-694-2122
【受付時間】9:00~18:00 定休日:日曜
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【対応エリア】京都、大阪、兵庫、滋賀、奈良 各府県に対応
【本社】京都府京都市南区吉祥院蒔絵南町13-15


一覧ページに戻る