ご依頼の流れ

株式会社スタッドのこだわり

皆様は解体工事、または解体業者にどのようなイメージをお持ちでしょうか?

・粉塵や音、振動がスゴイ
・ちょっと怖い人たちがやっている

など、悪いイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか?
当社はそういった悪いイメージを払拭したいと思っています。

当社は「明るく、元気に、そして何より安全に。」をモットーに、安心を与え、信頼していただけるような解体業者を目指しています。

戸建て住宅だけでなく、様々な解体工事を承っておりますので、解体のことなら何でも株式会社スタッドにお任せください。

株式会社スタッドでは、こんな工事を承っています。

現地調査は無料ですので、まずはお電話、もしくはお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。

ご依頼でなくても、「これくらいの規模の建物の解体で大体いくらくらいかかるのか?」等のご質問も大歓迎です。

お客様のご都合の良い時間帯に、現地調査にお伺いします。
この現地調査では建物の規模や構造、状態を確認。
構造によって、解体工法も変わってきますので、もし建築図面をお持ちでしたらご用意ください。

また隣の建物とどれくらい距離があるかなど、周辺環境もしっかり確認いたします。
綿密に現地調査を行うことで、より正確に費用を算出することが可能です。
お客様のご要望や気になる点などをしっかりとお伺いし、プランニングに必要な要素を洗い出します。

現地調査をもとに、お見積もりを作成いたします。
建物解体では、住宅前の道路の幅や、物置などの造作物の有無でも、お見積もりが変わってきます。
また、内装解体なら使われている部材や設備の種類で費用が変わります。
お客様のご希望を最優先にご提案いたしますので、コスト、工事期間、低騒音など、まずは一番のこだわりポイントをお聞かせください。

※地中障害物について
建物解体の場合、地中障害物の撤去費用は見積りには含んでおりません。
地中障害物とは建物の地中に埋没しているコンクリートブロックや浄化槽等のことをいいます。
地中障害物の有無や量は工事を進めていかなければわからないことですので、工事途中で地中障害物を発見した場合は、お客様にご報告し、追加費用をいただいております。

お見積もりの内容にご納得いただけましたら、ご契約となります。
プランに沿って打ち合わせを行い、工事のスケジュールや手順を詰めていきます。
この時点で、最終的なご要望のヒアリングも行います。

テナントの内装解体の場合は、日程や時間帯など、最大限ご希望に添えるよう努めておりますので、どうぞお気軽にご要望をお伝えください。

また、ビルやマンションなどの大型の建物の解体を行う際は、事前に自治体へ届け出なければなりません。
届け出は原則として発注者本人が行いますが、委任状を提出していただければ、代行も可能です。

家屋・建物やその他の解体工事の対象物を最終チェックし、工事開始となります。

解体工事には、騒音や振動、粉塵の発生が伴うため、事前に近隣の方々へのご挨拶・ご説明を行っております。
お客様ご自身でご挨拶される場合は、ご説明のポイントなどお伝えいたしますので、ご不明点があればいつでもお尋ねください。

工事中は、近隣の方々の安全、ご迷惑に充分に配慮しながら、慎重且つスピーディーに作業を進めていきます。

解体終了後は発生した廃材の分別を行い、産業廃棄物処理場に運搬します。
中には人体に影響を及ぼす物質が含まれているケースもありますので、充分に注意しながら分別作業を進めます。

建物解体であれば、廃材が地中に残っているようなことがないかも、しっかりと確認し、周囲の清掃作業に入ります。

すべての工程が完了したら、施工箇所に問題が無いか、お客様立ち会いのもと検査を行い、お引き渡しを実施。
問題がなければ、工事完了となります。

建物解体の場合は、解体工事後に、住宅やビルにおける固定資産税の徴収を止める「建物消失登記」の作成が必要です。
ご希望の方は作成の代行も承っておりますので、お気軽にお声掛けください。