木造建築解体

仮設工事を省略しないことが大切です

木造住宅の解体は、閑静な住宅街での作業になることが多く、騒音、振動、ホコリなどには細心の注意を払って作業しなければなりません。
特に、解体する建物の両隣が空き地の場合と、そうでない場合では使用できる重機の種類や解体方法なども大きく変わってきます。

また、木造建築解体工事では工事期間が短く設定されることが多く、そのことから防音シートや養生シートの設置(仮設工事)を省略してしまう解体業者も少なくありません。

当社では工事前の下準備を決して省略せずしっかり行うので、近隣の方々へのご負担を最小限に留めることが可能です。

 

私たちが安心の解体の為にしていること

■建物周りの養生
建物周りを防音シートや養生シートでしっかりと覆います。
養生シートがあることで、周辺への粉塵やホコリ、破片の飛散を大幅に抑えることができます。
防音シートも同様に建物を囲むように設置します。

■水撒き
解体工事ではホコリや土煙りが大量に発生します。
解体しながら建物に水撒きをすることで、これらをある程度軽減することができます。
当社では解体中だけでなく、解体前にも水撒きをしっかり行っています。

■工事終了後も迷惑をかけない
事前にホコリや粉塵の対策をしていても、周辺への粉塵の飛散をゼロにすることはできません。
当社では工事後に現場だけでなく、周辺の道路なども時間をかけてしっかりと掃除しています。

京都市で解体工事・建物解体・切り離し解体のことならスタッドへ!

ご依頼の流れ>>
お問い合わせからご依頼、お引渡しまでの流れをご説明しています。

業務内容>>
株式会社スタッドが主に対応している業務をご紹介しています。

ブログ>>
お知らせや、当社が担当した過去の工事を写真つきでご紹介しております。

【電話番号】075-694-2122
【受付時間】9:00~18:00 定休日:日曜
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【対応エリア】京都、大阪、兵庫、滋賀、奈良 各府県に対応
【本社】京都府京都市南区吉祥院蒔絵南町13-15

一覧ページに戻る